オノエラン

学名:Galearis fauriei  

オノエラン(尾上蘭) [別名:カモメソウ] ラン科カモメラン属

本州の中部以北および紀伊半島の山地から亜高山の岩場や草地、湿地の比較的日当たりよく乾燥した場所に生育する多年草。

丈は10-15cm。根は紐状。根元に長さ4-6cmの広楕円形の葉が2枚付く。茎先に短い総状の花序を出し、2-6個の白花が付く。唇弁は楔形で、基部にW字状の黄斑がある、距は短く長さ約4mm、基部は強く括れる。
花期は7-8月。
果実は蒴果になる。

※ 名の由来は、山上(尾根の上)に生える蘭の意。 


主写真撮影日:1974-06-30   撮影地:福島県二本松市 安達太良山
撮影者:MOMO