ホウネンタケ

学名:Abundisporus pubertatis  

ホウネンタケ(豊年茸) タマチョレイタケ科ホウネンタケ属

広葉樹(コナラ属に多い)の枯木上に発生する白色腐朽菌。

子実体は1-多年生で半背着生で明瞭な傘を作らないこともある。傘は径4-6cm、半円形~馬蹄形、淡灰褐色で後に淡藤色~暗紫褐色~灰黒色、殻皮は発達せず、環溝は顕著。子実層面(腹面)は灰白色のち暗紫褐色~濃いチョコレート色。肉は暗紫褐色~濃いチョコレート色でコルク質で軽い。管孔の長さは最大8mm。孔口は5-7個/mmで類円形で子実層面全体に分布し、縁の無孔部分は狭く幅1.5mmほど。胞子は僅かに淡褐色で長さ4-5μm、幅2.5-3.5μmの楕円形。


主写真撮影日:2019-01-13   撮影地:神奈川県相模原市緑区 津久井堂所山
撮影者:MOMO