ニクウスバタケ

学名:Antrodiella zonata  

ニクウスバタケ(肉薄歯茸) マクカワタケ科ニカワオシロイタケ属

日本全土の広葉樹(カシ・クリ・シイなど)の枯木や切り株に重生・群生する一年生のキノコ。

傘は半円形・扇形・貝殻形などで径1-3cm、厚さは1-2mmで革質、屋根瓦状に重なって群生する。縁辺は全縁または鋸歯状、無毛平
滑で細かい放射状の繊維紋と不明瞭な環紋がある。腹面の子実層托は材白色~乳白色、長さ1-2mmの薄歯状の突起が密生する。肉は材白色、きわめて薄く、強靭、乾くと堅くなる。


主写真撮影日:2016-12-17   撮影地:神奈川県相模原市南区
撮影者:MOMO