ルリマツリ

学名:Pulumbago auriculata  

ルリマツリ(瑠璃茉莉)[別名:プルンバーゴ] イソマツ科ルリマツリ属

南アフリカ原産で、観賞用に植栽される半蔓性の常緑低木。日本では落葉することもある。

丈は0.3-3m。枝は直立もしくは斜上してよく伸びよく茂る。葉は互生し、長楕円形で、先は丸く縁は波打つ。枝先に穂状花序を出し、径2cm程の淡い青色の花を多く付ける。花は元が細い筒状で先端が5裂して平開する。萼の上部には毛のような腺があり粘る。
花期は5-11月。
果実は蒴果。腺毛から出る粘液により「ひっつきむし」となる。

※ 名は、ジャスミンの一種の「茉莉花」に似た青い花をつけることから。


主写真撮影日:2016-09-26   撮影地:神奈川県相模原市南区 (植栽)
撮影者:MOMO