フウセンカズラ

学名:Cardiospermum halicacabum  

フウセンカズラ(風船葛)[別名:バルーンバイン] ムクロジ科フウセンカズラ属

熱帯・亜熱帯のアジア・アフリカ原産で、風船状の果実を観て楽しむために栽培される1年草。

長さは1-3mになる。葉は互生し、長さ3-8cm、幅1.5-2.5cm、2-3回3出複葉。葉柄は3-4cm。葉に対生する巻きひげで、絡みつく。花は径8-10mmの白色の小さな4弁花。花弁は長さ約3mm。萼片は外萼片2個が長さ約2mm、内萼片は長さ約3mm。
花期は7-9月。
果実は径1.5-3cm、幅2-4cmの丸い風船形、内部が3室に分かれている。種子は黒色、径5-6mm、大きな白い心形の部分があるのが特徴。

※ 家庭の壁面緑化にも使われる。


主写真撮影日:2015-10-25   撮影地:東京都青梅市
撮影者:MOMO