オオヨモギ

学名:Artemisia montana  

オオヨモギ(大蓬)[別名:ヤマヨモギ] キク科ヨモギ属

本州・四国・九州の、山野のやや乾いた草原に生育する多年草。

丈は150-200cm。茎は太く直立する。葉は羽状に中~深裂し、裂片が尖る。茎中部の葉身は長さ13-19cm、幅4-12cm、葉柄は長さ2.5-3cm。 ヨモギと異なり、葉柄に仮托葉がない。花は円錐花序につく。頭花は球鐘形。総苞は径2.5-3mmの惰円形。周辺の雌性花は4-6個。両性の中心花は8-14個。
花期は8-9月。
果実は痩果で長さ1.5-2mm、倒卵形。

※ 名は、ヨモギの仲間で大形であることから。


主写真撮影日:2014-09-15   撮影地:長野県東御市 池の平湿原
撮影者:MOMO