コシロノセンダングサ

学名:Bidens pilosa var. minor  

コシロノセンダングサ(小栴檀草)[別名:シロノセンダングサ、シロバナセンダングサ] キク科センダングサ属

熱帯アメリカ原産の帰化植物で、関東地方以西の本州・四国・九州の、荒地や道端に生育する1年草。

丈は30-180cm。茎は4(稀に6)稜があり、短毛がある。葉は上部では互生、下部で対生し、両面に基部が膨らんだ毛があり、葉縁にも両面の2列に短毛がある。花柄は長さ1-9cm。白色の舌状花が4-7個ある。舌状花は普通長さ5-7mmで、結実しない。総苞の径は7-8mm。
花期は9-11月。
果実は痩果で、痩果は放射状に球形につき、先端に黄色の芒(刺)が2-4個あり、芒には白色の下向きの小刺がある。果皮は黒色で上向きの小刺があり、基部はときに黄色に膨れる。

※ 名は、白色の花弁(舌状花)を持つ、コセンダングサの意。
 コセンダングサの変種。
 痩果の芒の下向きの刺で衣服に引っかかり、ひっつき虫になる。
 [近縁種]
  コセンダングサ    :頭花は筒状花のみで、舌状花はない。
  オオバナノセンダングサ:舌状花の長さが10-16mmあり、花の直径が3cm程。
  アイノコセンダングサ :コセンダングサとコシロノセンダングサの雑種と推定され、舌状花が小さい。
   * コセンダングサ、コシロノセンダングサ、アイノコセンダングサを同一種とする見解もある。


主写真撮影日:2012-09-17   撮影地:神奈川県相模原市南区
撮影者:MOMO