シロバナクサボタン

学名:Clematis stans f. albida   

シロバナクサボタン(白花草牡丹) キンポウゲ科センニンソウ属

本州の山地の草原や林縁などの明るい場所に生育する、木質の半低木。

丈は70-100cm。茎は直立し木質化する。葉は対生し、3出複葉、長い柄がある。3出複葉、小葉は卵形で3浅裂し長さ4-10cm。茎頂及び葉脇の集散花序に下向きの花を多数つける。花は長さ1-2cm、花弁は無い。萼は狭鐘形、花弁状の萼片は長さ1.2-2cm、白色で外に反り返って巻く。
花期は8-9月。
果実は痩果で、球形の集合果になる。痩果は長さ約3mm、花柱が長さ15-20mmの羽毛状に長く伸びて種髪になり、風で散布される。

※ クサボタンの白色の花を付ける品種。
 有毒植物。


主写真撮影日:2014-09-09   撮影地:神奈川県相模原市緑区
撮影者:MOMO