タムラソウ

学名:Serratula coronata ssp.insularis  

タムラソウ(田村草) キク科タムラソウ属

本州・四国・九州の、山地の草原や林縁に生育する多年草。

丈は50-150cm。茎は直立し、綾があり有毛。葉は互生し、卵状長楕円形で羽状に4-7対に深裂または全裂し、刺はない。頭花は紅紫色で、上向きに咲き、径3-4cm。頭花は筒状花のみからなる。雌しべの先が2裂してカールする特徴がある。総苞は長さ約2.5cmの鐘形。総苞片は瓦状に並び、7列。
花期は8-10月。
痩果は長さ約6mmの円柱形、冠毛は淡褐色で長さ約12mm。

※ 日本のタムラソウ属はこの1種のみ。
 名の由来は諸説有り、詳細は不明。


主写真撮影日:2013-10-09   撮影地:神奈川県南足柄市 明神ヶ岳
撮影者:MOMO