ホソバガンクビソウ

学名:Carpesium divaricatum var. abrotanoides  

ホソバガンクビソウ(細葉雁首草) キク科ヤブタバコ属

本州・四国・九州の、山地の林内や林縁に生育する多年草。

丈は70-100cm。茎は上部でよく分枝する。下部の葉は卵状長楕円形で、長さ15-18cm、幅3-5cm。先は尖り、基部は円形で翼のある柄に流れる。中部の葉は狭長楕円形。頭花は枝先に点頭し、黄色でガンクビソウよりやや小さく、径5-6mm。総苞は倒卵形、総苞片は4列で外片は短い。他のガンクビソウ類より花の数が多く葉腋ごとに並ぶこともある。
花期は8-10月。

※ 名は、ガンクビソウに似て、全体に葉幅が細いことから。


主写真撮影日:2013-09-03   撮影地:東京都町田市 かしの木山自然公園
撮影者:MOMO