ヒメシロネ

学名:Chelonopsis moschata  

ヒメシロネ(姫白根) シソ科シロネ属

北海道・本州・四国・九州の、山野の湿地に生育する多年草。

丈は30-70cm。茎は直立し、あまり分枝しない。葉は対生し、やや厚く長さ4-8cm、幅5-15mmの披針形~広披針形、縁に鋭い鋸歯があり、無柄、基部は急に幅が狭まり、楔形にならない。葉裏には密に腺点がある。花は白色で径約5mm。花冠は上唇の中央が浅くくびれ、下唇は3裂する。下唇には赤紫色の斑紋があることもある。萼片の先は刺状に尖る。
花期は8-10月。
果実は、果実は4分果。

※ 名は、シロネ(白根、Lycopus lucidus)が、地下茎が白いのでシロネといい、シロネより小形であるため。
 [近縁種]
  コシロネ :草丈が低く、葉の幅が広く、葉の基部がはっきり楔形となる。
  シロネ  :高さが1m以上にもなる大形で、茎が直径3mm以上と太く、葉の幅が15mm以上ある。
  エゾシロネ:葉は長さ2-8cmの卵形~長楕円形で葉幅が広い。花冠は長さ2-4mmとやや小さい。


主写真撮影日:2013-08-25   撮影地:群馬県前橋市 赤城山覚満淵
撮影者:MOMO