ヤブラン

学名:Liriope muscari  

ヤブラン(藪蘭)[別名:リリオペ、サマー・ムスカリ] キジカクシ科[クサスギカズラ科]ヤブラン属

本州・四国・九州の、山地の林下に生育する多年草。

花茎の丈は30-100cm。葡枝は出さない。葉は長さ25-65cm、幅0.8-2cm。長い花茎の先に長さ2-45cmの総状花序を伸ばし、淡紫色の花を多数付ける。花被片は6個、長さ3.5-4mm、幅1.5-1.8mmの、長楕円形~惰円形。 雄蕊6個、花糸と葯がほぼ同長、葯の先は円い。
花期は8-10月。
花後、子房が破れ果皮が果皮は破れ、種子が露出して径6-7㎜と大きくなり、黒色に熟す。種子であるため、花柱の跡がない。中の種子に見えるのは胚乳。まれに、白花のものもある。

※ 名は、葉の形がラン(蘭)に似ていることから、藪に咲く蘭の意。
 公園などに良く植栽される。
 同属のヒメヤブランは、小型で、日当たりの良い場所を好む。


主写真撮影日:2013-08-15   撮影地:神奈川県相模原市南区
撮影者:MOMO