カンチコウゾリナ

学名:Picris hieracioides var. alpina  

カンチコウゾリナ(寒地剃刀菜・寒地顔剃菜) キク科コウゾリナ属

北海道・中部地方以北の本州の、亜高山帯~高山帯の砂礫地・草地などに生育する2年草。

丈は25-50cm。茎、葉、総苞片に剛毛がある。茎葉は長さ4-15cmの倒披針形で、下部の葉は基部が細く葉柄状になるが、上部の葉は無柄。縁には不規則な鋸歯がある。頭花は疎らな散房状に付き、黄色で直径2.5-3.0cm。総苞は黒緑色で長さ1.2-1.4cmの筒状鐘形。
花期は7-8月。
果実は痩果。

※ 低地に生育するコウゾリナの高山型変種。コウゾリナの総苞は緑色。
 似た花に、ヤナギタンポポ属のミヤマコウゾリナがある。ミヤマコウゾリナは茎に白毛が多く、葉の鋸歯はほとんどない。また枝分かれは頭花の近くになる。


主写真撮影日:1986-08-09   撮影地:長野県白馬村 白馬尻
撮影者:MOMO