タカネツメクサ

学名:Minuartia arctica var. hondoensis  

タカネツメクサ(高嶺爪草) ナデシコ科タカネツメクサ属

北海道・本州の中部地方以北の本州の、高山の岩礫地に生育する越年草。

丈は3-8cm。茎は地表を這い、よく枝分かれする。茎は細く、上部では腺毛が縦に2列に生える。葉は対生し、針状で密に付き、基部は合生して筒状となる。茎先に白色の小さな5弁花を1個付ける。萼片は3脈がある。花径は1.2-1.5cm、花弁は長倒卵形で先は少し凹む。
花期は7-8月。
果実は蒴果、宿存する萼があり、長楕円形で、熟して乾くと、3片に裂開する。種子は腎形状円形、径0.6-1mm。

※ 名は 高山に生え、鳥の爪に似た葉をもつことから。


主写真撮影日:1981-08-01   撮影地:長野県白馬村 白馬鑓ヶ岳
撮影者:MOMO