タチキランソウ

学名:Ajuga makinoi  

タチキランソウ(立金瘡小草) シソ科キランソウ属

関東地方・中部地方の、山地の木陰に生育する多年草。

丈は5-20cm。。茎は普通、紫色を帯び、毛が密生する。花期の葉は長さ4-6㎝、幅1-2㎝の倒披針形。葉の鋸歯は少なく、普通、三角状に先が尖る。葉表には毛がほとんどなく、光沢があるのが特徴。花は濃青紫色、長さ約1㎝の唇形花。まれに桃色の花も見られる。花はキランソウに似ているが、上唇が2裂して立つ。まれに2裂しない1枚の場合もある。
花期は4-5月。

※ 名は、葉の形がヒイラギに似ていることによる。


主写真撮影日:2013-05-04   撮影地:東京都八王子市
撮影者:MOMO