コヒルガオ

学名:Calystegia hederacea  

コヒルガオ(小昼顔) ヒルガオ科ヒルガオ属

日本全土の、道端・畑・野原などに生育する蔓性多年草。

地中に白く強い地下茎を伸ばして増える。葉は互生し、長さ3-7cmの矛形で基部の両側が耳のように横に張りだす。この張りだした部分が2裂するものが多い。葉腋から長さ2-5cmの花柄をだし、3-3.5cmの淡紅色の花を1個つける。花柄の上部には縮れた狭い翼がある。花冠は直径3-4cmの漏斗形。萼は5裂し、大きな苞に包まれている。苞は卵形で、先端が尖る。
花期は5-8月。
地中に白くて強い地下径をのばして増える。葉は互生し、長さ3~7cmのほこ形で基部の両側が耳のように横に張りだす。この張りだした部分が2裂するものが多い。葉腋から長さ2~5cmの花柄をだし、3~3.5cmの淡紅色の花を1個つける。花柄の上部には縮れた狭い翼がある。花冠は直径3~4cmの漏斗形。萼は5裂し、大きな苞に包まれている。苞は卵形で、先端が尖る。結実することは稀。

※ 良く似たヒルガオより花や葉が小さい。花柄は2-5cmの長さがあり、ヒルガオには無い縮れたヒレを持つ。花筒の付根に花と萼を挟む苞葉が2枚ある。葉は長三角形で基部が鉾形に張り出す。


主写真撮影日:2013-05-09   撮影地:神奈川県相模原市緑区
撮影者:MOMO