ハタケニラ

学名:Nothoscordum gracile  

ハタケニラ(畑韮) ネギ科ハタケニラ属

北米原産の帰化植物で、南関東・東海・近畿・四国東部の一部の、道端・植え込み・畑地などに生育する多年草。

花茎の丈は20-60cm。地下に径1cm程の鱗茎があり、長さ約30cmの線形で柔らかい葉を数枚出す。光沢がなく、やや白っぽい。花茎先端に、径1.5cmほどの白色で淡紅色の脈の入った6弁の花を7-20個房状につける。
花期は5-6月。
果実は朔果で長さ7mm程度。

※ 明治時代以降に帰化。


主写真撮影日:2013-05-06   撮影地:神奈川県葉山町
撮影者:MOMO