ヤマホタルブクロ

学名:Campanula punctata Lam. var. hondoensis  

ヤマホタルブクロ(山蛍袋) キキョウ科ホタルブクロ属

本州の東北地方南部~近畿地方東部の山地の林縁や崩壊地に生育する多年草。

丈は40-80cm。茎には粗い毛が生え、根生葉は花期には枯れてなくなる。根生葉は基部が円形~心形、葉柄は長く、毛があり、翼がない。茎葉は互生し、長さ5-8㎝、幅1.5-4㎝、葉柄に翼がある。花冠は長さ4-5㎝の鐘形、先が浅く5裂し、濃赤紫色~白色、内面に斑点があり、長毛がある。萼筒の先は5裂して波打ち、湾入部分が膨らみ、付属体は無い。
花期は6-7月。
果実は蒴果。

※ ホタルブクロの変種で日本固有種。


主写真撮影日:2013-07-01   撮影地:東京都町田市
撮影者:MOMO